【東京市場】株高好感でリスク選好強まる

 18日の東京市場は株高を好感して円安の動きが強まった。  日経平均は先物などが主導して朝から大きく上昇。先物市場でも買いが優勢となっていた。  この流れを好感しリスク選好の動き。ドル円クロス円はじりじりと上昇。後場に入っても株高の流れが継続したこともあって、ドル円は107円40銭手前まで上値を伸ばした。  ユーロ円が132円30銭台から132円90銭台まで上値を伸ばすなど、クロス円も軒並みの円安に。  ドル円を除いて対ドルでの動きが各通貨限定的で、リスク選好での円売り主体の展開であった。 minkabu PRESS編