【東京市場】日銀会合後やや円安

 18日の東京外国為替市場でドル円は110円台後半の堅調な推移を見せた。  昨日のECB理事会後のユーロ安ドル高の流れからのドル全面高で110円台半ばを超えてきたドル円。  今日の日銀金融政策決定会合で、消費者物価指数(CPI・除く生鮮)の評価が引き下げられたことなどを背景に円売りが強まり、110円80銭台まで上値を伸ばす展開となっている。  昨日の海外市場で1.18台半ばから1.15台へ値を落としたユーロドルは1.15台後半でもみ合い。重要なサポートである1.15を前に突っ込んだ売りにも慎重な姿勢が見られる。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅