【東京市場】円高リスク後退

 20日の東京市場でドル円は106円割れの水準から106円30銭台まで上昇するなど、堅調な地合いとなった。  前日のNY市場で米株式市場の大幅安を嫌気して売りが出たドル円。朝方も軟調な地合いとなり、105.93近辺を付けるなど、106円割れの水準に。   もっとも、東京株式市場は一時の安値から盛り返す動きを見せて、リスク警戒の動きが後退。昨日の米株の下げはきついものであったが、フェースブックのデータ流出問題や、ウーバーの自動運転車の事故を受けてのエヌビディアなど、個別要因に基づくものが多く、日本株の大幅安に警戒感も。  昨日0.77を割り込んだ後、0.77近辺でもみ合いが続く豪ドルドルは、0.77近辺でのもみ合いが続いた。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅