【東京市場】円安優勢も限定的

 ドル円は日米首脳会談後のリスク選好の流れが継続し、しっかりの展開。昨日の高値を超えて、107円70銭台まで一時上値を伸ばした。  今週の高値を更新した形となったが、13日に付けた今月の高値107.78を付けきれず、もみ合いとなるなど、勢いはそれほど強いものとはならず。  クロス円もしっかりで、昨日値を落としたユーロ円が133円に迫る動きを見せたが、大台を付けきれずにもみ合うなど、円安が全般に優勢も、勢いは見られず。  ユーロドルは小動き。昨日1.24台の重さを確認した形で値を落としたが、下値をここから突っ込む動きにはならず。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅