【東京市場】一時大きく調整も、値を戻す

 前日の海外市場で111円台半ばまで値を戻した流れを受けてむかえた東京市場。  朝から調整の動きが広がり、一時111円06銭まで値を落とす動きに。  戻りの鈍さを嫌気した動きなどが若干の重石となった。  ユーロドルが1.17を回復するなど、午前中はドル安が優勢に。  もっとも、その後は値を戻す展開。111円台を維持して買戻しが入ったことで、短期筋の調整が入った格好。ドル円は111円30銭近辺に。  中国が対ドル基準値を元安に誘導したことで警戒感が広がっているが、突っ込んだドル売りにも慎重姿勢。 minkabuPRESS編集部山岡和雅