【東京市場】リスク警戒継続も、決め手に欠きレンジ取引

 30日の東京外国為替市場で、ドル円は108円台半ばを挟んでのもみ合いに。朝方は若干円高が進行する場面が見られ、ドル円は108円35銭を付けたものの、NY市場の安値まではまだ余裕があるところで下げ止まり、一転して買い戻し。もっとも、高値トライも108円79円までと、NY夕方の高値圏で止められるなど、レンジ取引が続いた。  米長期金利は朝方下げて始まったものの、すぐに上昇。2.76%近辺の低い水準から2.82%台へ。  午後は動意に欠ける展開で108円60銭近辺。  午前中に400円超の下げとなった日経平均は、後場はもみ合い。350円安近辺。  昨日イタリアの政局懸念関連で値を落としたユーロは、1.15台前半でもみ合い。安値トライの動きには警戒感も、戻りは鈍く、軟調地合い。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅