【東京市場】ドル高円安強まる展開

 週明けもドル高円安の動きが強まった。先週末、ポジション調整に110円70銭台まで下げて引けたドル円は、朝からしっかりとなり、111円台を回復。直近高値を超えてもドル買いの動きは止まらず、後場に111円30銭台まで上昇する展開を見せた。  米債利回りは朝方低下する場面が見られるなど、それほど上がってこず。当初はユーロドルなどでもドル買いが入り、ユーロドルが1.1780近辺から1.1750割れを付ける動きも見られたが、ユーロドルの下げが止まってもドル円の上昇が続いており、ドル高だけでなく、円安の動き。  クロス円は軒並みの上昇でユーロ円は130円30銭台から80銭台まで上昇。  株はしっかりも大きな動きではなく、円安が進む材料には乏しかったが、ドル円での110円台後半のしっかりした動きに、ドル買い円売りに安心感が出て、買い上げられた格好に。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅