【東京市場】ドル買い優勢も値幅は限定的

 ドル円は106円台後半でもみ合いが続いた。オセアニア市場で106円50銭台をつけた後、東京勢が本格参加してくると、106円台80銭台に持ち上げられてもみあいに。  後場に入って、午前中に一時400円安まで下げていた日経平均の下げ幅が縮まったこともあり、106円80銭台まで上昇する場面も見られたが、高値では売りも出てもみ合いに。  ユーロドルが1.24台を維持できず値を落とすなど、ドルは全面に堅調。  午後に入ってアジア株が全般に堅調で、ドル買い円売りを支えた面も minkabuPRESS編集部山岡和雅