【東京市場】ドル円調整優勢に

 7日のドル円は110円ばさみの動きとなった。昨日の海外市場で110円台に上昇。いったん調整の動きも110円台に乗せて朝を迎えたものの、110円20銭ぐらいからの重さに、ポジション調整が強まる展開となっている。  来週の理事会を前に買いが続くユーロドルが1.18台に乗せるユーロ高ドル安となり、ドル売りを誘った面も。  ユーロ円でも買いが出たものの130円手前の売りに頭を抑えられて伸びきれず、円安の調整が入りやすくなったかたち。  ユーロは基本的にしっかり。昨日のバイトマン独連銀総裁、クノット蘭連銀総裁などの発言を受けて来週の理事会への期待感が広がっており、堅調地合いに。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅