【東京市場】ドル円一時111円台も盛り上がらず

 18日の東京市場は、米10年債利回りが3.12%に乗せるなど、長期金利の上昇が強まる場面が見られたこともあり、一時111円台を付ける場面が見られた。1月23日以来約4か月ぶりのドル高円安圏。もっとも昼頃に高値を付けてからはもみ合い。110円90銭台での膠着が続いた。  朝の日本の消費者物価指数が弱めに出たことについては、大きな影響が見られず。  その後ロンドン勢の本格参加を前に米債の買戻しが入り利回りが上昇(債券価格上昇=利回り低下)、ドル円も少し値を落としたが110円80銭台までと、下値はしっかり。  朝方1.17台を付けていたユーロドルは1.18台を回復したものの1.1810近辺と、こちらもドル高の調整は限定的なものにとどまっている。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅