【ロンドン市場】ムニューシン発言でドル安加速も、その後振幅

 ドル円は109円を挟んで神経質な振幅を見せた。  昨日、ドル安肯定発言で市場を驚かせたムニューシン財務長官は、前日の発言を認める発言を行い、ドル安が加速。ドル円は前日のNY市場、東京市場に続いて108円台に値を落とし、一時108円70銭台まで安値を更新する展開に。しかし、その後109円20銭台まで戻すなど、一気のドル安進行にも慎重な動き。その間20銭程度の一気の振幅を見せるなど、やや荒っぽい値動きになる場面も見られた。  ECB理事会は事前見通し通り金融政策の現状維持を発表。9月の量的緩和期限以降も必要とあれば延長の可能性を示し、金利は9月以降も相当期間低水準を維持と、従来姿勢を踏襲する声明を発表した。  完全に予想通りの内容であり、市場の反応は限定的で、ドラギ総裁の会見待ちに。 minkabu PRESS編集部 山岡和雅